「森」タグアーカイブ

(ドイツ話)森と緑とお散歩

 

ドイツは森が多い。

ドイツ南部の黒い森(シュヴァルツヴァルト)が有名だけれど、ドイツ全土、森の中に街があるような感じです。

前の家も、家の裏は森でした。その森の一部は「自然保護地区」になっていて、野生の鳥や動物がいっぱい。

 

ボンの家の裏は自然保護観察地区でした。そして、森。

今の街は、街が星のようになっています。中心から幹線道路が放射状にあって、その周りに住宅街。星の外側は森。

 

つまり、街の中心地からも歩いていける距離に森がある。

 

我が家は街のはずれ。ちょっと丘の上。窓から街が一望できるのですが、とにかく緑が多い。

ヒルデスハイムの家から街の景色をのぞむ

 

そして、我が家の裏は森の入り口。

寝室の窓からの景色。この緑はすでに森の入り口。

 

ドイツ人はお散歩大好きです。森でも街でも、とにかく歩く。サイクリングも好き。スポーツとしても、通勤、通学などの交通手段としても自転車大活躍です。サイクリング道もしっかりと整備されています。歩道を歩行者と共有するのではなく、自動車道と平行するように、サイクリング専用の道が作ってあるところも多いです。

 

ドイツは自動車産業にプライドがあります。でも、自転車の活用度は高い。環境と健康への意識の高さでしょうか。

 

 

 

この家にきてから出番が少なめ。アンチストレスティー。平和な日々を送っています。 バードハイルブルナーの薬用ハーブティの中では、大人気のお茶。