「ローズマリー」タグアーカイブ

(ハーブクッキング)ハーブたっぷり わらびのピクルス

わらびの季節です。我が家の裏の森では、わらびが大量に繁殖しています。ドイツ人はわらびを食べないので、もう、採りたい放題。

この季節限定の自然の恵み。お散歩にいってはワラビをつみまくります。

しょうが醤油でたべる基本から、てんぷら、ナムル、いためもの、ピクルスなど、いろいろ工夫して食べています。

ピクルスには、好きなハーブをたっぷり入れて。

 

ピクルスの材料

野菜: わらび、きゅうり、ペッパー(パプリカ)、カリフラワーなどお好みで。

フレッシュハーブ:ディル、タイム、オレガノ、ローズマリー
ドライハーブ:ローリエ、ディル、タイム、オレガノ、ローズマリー、マジョラム
(ハーブもお好みで。フレッシュハーブを多めに入れるのがおすすめです。)

ガーリック、マスタードシード、コリアンダーシード、ペッパーコーン

りんご酢
作り方

1. 野菜(きゅうり、ペッパー、カリフラワー、あく抜きしたわらびなど)を瓶に入れます。野菜、ハーブ、野菜、ハーブと交互に入れます。
2. ビネガー、塩、水、砂糖を鍋に入れ沸騰したら火をとめ、瓶に静かに入れます。

3. 蓋をして冷暗所で保存します。

(ナチュラルケア)ローズマリーリンスでひまし油ヘアパック

ひまし油ーキャスターオイル

ひまし油は、唐胡麻のオイル。もともとは機械油などの工業用に使われていたものですが、ここ数年、その抗菌作用や抗炎症作用が注目され、美容、健康に使われるようになってきました。

効能

しみ、にきび肌改善、肌の炎症をおさえる、白髪をなくす、髪の保湿、枝毛の修復、髪の保湿、関節痛、関節炎を和らげる、背中の痛み・筋肉痛を和らげる、目の疲れ取り、ドライアイ、傷の消毒剤、痛み止め

数ある利用方法の中で、私が一番利用していて、続けているのが「ひまし油ヘアパック」です。塗りつけてから2時間ほど放置するのが面倒なのですが、パック前のシャンプーが必要でないのが助かります。


ひまし油

ひまし油ヘアパック

材料

ひまし油  大さじ2
植物性グリセリン  小さじ1
ローズマリーのリンス  小さじ1(リンゴ酢で代用可※)
生たまご  1個

(※)ローズマリーのリンスの作り方はこちら。

ヘアパックの仕方

1. 材料全部を容器に入れてよくまぜます。
2. 髪にまんべんなく(1)を塗ります。
3. ラップなどでくるみ、乾くまで(約2時間)放置。ここで、蒸しタオルなどで温めると効果アップ。
4. シャンプーを使って、きれいに洗います。

髪質を本気で改善したい人は、このパックを週2回。1ヶ月続けてみてください。見違えるほどツヤツヤな髪になりますよ。普段のお手入れとしては、週1回がおすすめのようですが、私は気が向いたときにやっています。ひまし油にデトックス効果もあるので、ゆったりとヘアパックして気持ちのデトックスにもなっているようです。

バードハイルブルナー無料サンプル進呈
バードハイルブルナー無料サンプル進呈

(ハーブのヘアケア)ローズマリーのリンス

 

シリコンの入っているリンスよりも、酢やオイルを使うことで、髪に負担がなく、髪の健康を促進させることができます。髪がサラサラ、指通りが良くなり、保湿効果あり。キューティクルを閉じる効果も。かゆみ、フケ、シラミ対策。

お酢そのままをシャンプー後の髪につけることでも効果的ですが、ローズマリーを漬け込んだハーブビネガー(ハーブ酢)でさらに効果アップ。効果だけでなく、ローズマリーの香りが加わることで、お酢のツンとする匂いが緩和され使いやすくなります。

材料

リンゴ酢 200ml
フレッシュのローズマリー 100g

作り方

瓶にフレッシュのローズマリーを入れ、リンゴ酢を注ぎ入れる。
毎日1回振り、2週間ほど常温で保存する。
漉して、ハーブを取り除いて瓶に入れる。

リンスの使い方

リンス大さじ2くらいをぬるま湯1カップに入れる。
洗髪後、髪の毛全体になじませる。頭皮を軽くマッサージ。
数分おいてから洗い流す。

バードハイルブルナー無料サンプル進呈

バードハイルブルナー無料サンプル進呈