「ドイツ人」タグアーカイブ

(ドイツ話)ドイツのヒッツェフライ・・・って

ここ数日、ドイツは暑い日が続いています。連日、最高気温30℃越え。

ドイツには「ヒッツェフライ」という風習? きまり? 慣習? があります。

最高気温が30℃超えるような、暑い日には、学校が午前11:30で終わって下校するというもの。地方自治体の教育委員会が判断をして、「ヒッツェフライ令」を出し、地域の学校全部が早く終わるのです。

おかげで、ここのところ連日、息子たちはランチタイムには帰宅。(笑)

私は日本育ち。しかも、ご存知でしょうか。日本で一番過ごしにくい夏!・・・と言われる名古屋出身です。気温が高いだけでなくて湿度も高い。日本の中でも特に。

クーラーもない県立高校でしたから、(中学校は冷暖房完備だったけど)、特に梅雨が終わった後は地獄でした。

しかもセーラー服でね。生地も暑くて襟部分も暑く、化学繊維の下着を身につけて。左手に下敷き。パタパタしながら、暑さで頭朦朧として、思考能力なし。そんな状況で、「精神力の訓練だ!」「ダラダラしない!」とか言われながら。

地獄でした。過酷でした。(学校は楽しかったけど 笑)

でも、自分が教師になって、教壇に立つようになって、生徒はまだまし・・・と、知りました。だって、生徒は座ってるし、ダラっとしていたっていいし。大きな声はりあげて、ダラダラしてる生徒を指導しなくていいし。教師は、自分だって暑さで思考能力低下しているのに、きちんとしてなきゃ!・・・って頑張るし。

少なくとも昔の私はそう思って、貧血で倒れそうになりながら暑いなか教えてました。

今の私だったら、随分違う対応すると思います。暑いなかダラダラしちゃうのは当然だから、いつもとちがうアクティビティしよう!・・・とか工夫すると思います。

そんな日本で育った私から見れば、ドイツのヒッツェフライって、たかだか30℃で授業なし!?・・・って、びっくりなのですけど。

でもね、

日本のほうが、おかしくないですか?

暑くてどうしようもないときに、制服着て、汗ながしながら机に向かうって。

暑くてどうしようもないときに、校庭で集会して、貧血で倒れる人続出したり・・・とか、よくある光景でしたし。

おかしい。
(今は違うのかなあ?)

暑さでだらっとしてしまうのは、人間として自然なこと。怠けてるわけじゃなくて、人間が自分を守る本能の一部。

そんな暑いときに、無理して勉強するより、暑さをしのげるアクティビティをしたり、休憩をする。

涼しくなったときにまた頑張ればいいのです。

そのほうが効率もいい。

体にもいい。

環境にもいい。

ドイツ人は、「働くときにはガンガン働く。遊ぶときには思いっきり遊ぶ。」という人たちです。メリハリがあります。そのメリハリって、人間として大事なこと。自然なこと。

そんなメリハリと、ヒッツェフライのような習慣が根付いている国ドイツ。だからこんなにパワーがあるのだ・・・と思うのです。

 

aus D から特別プレゼント〜aus Dで取り扱いのないお茶を試すチャンスです! 期間中ご注文の方みなさんに3つのティーバッグをプレゼントします。