月別アーカイブ: 2017年9月

Kopf- Entspannungs Tee (頭痛、頭のリラクセーションのお茶)

Kopf- Entspannungs Tee (頭痛、頭のリラクセーションのお茶)
頭痛にお悩みの方。
肩こりからくる頭の緊張感。
気候の変化に敏感で、気圧によっても頭痛がする。
昔から偏頭痛で。
ストレスからくる頭痛が頻繁にある。

頭痛って、本当に辛いですね。

私も、子供の頃から頭痛もちでしたので、頭痛の辛さがよくわかります。あまりにもひどくて吐き気がしてきてしまうくらい。

頭痛に悩む方は本当に多く、このKopf- Entspannungs Teeも、そんな頭痛を解消するために開発されました。

ハーブティですから、鎮痛剤のように速攻で強力に痛みをなくしてしまうものではありません。でも、痛みが楽になり、鎮痛剤を飲まなくてもやりすごせるくらいになる。気持ちが落ち着きます。鎮痛剤を飲むことで胃腸を痛め、辛い思いをしてしまった経験のある私には、もうなくてはならないハーブティです。

すでにこのお茶を試してくださった、aus DリピーターのKNさんからもこんなご感想をいただいています。小学校のころから頭痛に悩まされ続け、定期的な偏頭痛に苦しんでいらっしゃるKNさん。「もう、薬には頼りたくない!」と思っていらっしゃったところにこのバードハイルブルナーのお茶に出会いました。

今日も、鎮痛薬飲みましたが、

二回、お茶を飲んで、

休んでいます。あきらかに楽です。

というか、最近、鎮痛剤飲んで痛みの伝わりをブロックして、

その上で偏頭痛薬を飲む、ということをしないとだめなのですが、

今のところ鎮痛剤だけで、過ごせてるのは私的にはすごいことなのです。

試すほどに効果は感じられて、愛飲しています。

 

私はほんとに小学一年生位から頭痛に悩んでいて、

いろんな代替療法もしましたが、全くよくならず、

今はもう薬に頼らないと生きていけない状態なので、

ハ-ブティだけで痛みが治まる、というレベルにはないのですが、

それで薬を取りつつ、ですが、ハ-ブティを飲むと、

それでも楽になる感じがします。

 

特に、終わりかけ、薬は飲まないで我慢するのですが、

いつまでもにぶい痛みが引かないのを耐えているだけでしたが、

このお茶を飲むことで、早くそこを通りこせたり、

耐えるのも楽な感じになってきています。

 

 

続けて飲んでいきたいと思っています。

いやな頭痛に悩む人。
頭痛は嫌だけれど、頭痛薬の悪影響は避けたいひと。
できるだけナチュラルに、体に無理なく頭痛をのりこえたいひと。

頭痛に苦しむすべての人にお届けしたい。こんな嫌な頭痛を少しでも楽にしたい。(私が楽になったように!)そんな思いで、頭痛のハーブティ「Kopf- Entspannungs Tee」を販売開始します。


ご注文はこちら

我が家の必需品〜手作り歯磨き・マウスウォッシュ・化粧水

日々の暮らしの一コマ。

 

歯磨き、マウスウォッシュ、化粧水は、こまめに手作りします。
重曹、植物性グリセリン、エッセンシャルオイルなど、材料もとてもシンプルなもの。

 

 

これを週1回くらい作ります。

 

 

マウスウォッシュ

水 150ml
重曹  小さじ1
ティートリーオイル 2滴
ペパーミントオイル 2滴

よーく混ぜて使います。

歯磨き

重曹  大さじ2
グリセリン  大さじ2くらい
ペパーミントオイル 5滴

重曹を容器に入れて、グリセリンを入れて混ぜる。ペーストになるくらいの量を適当に。(笑)  ペパーミントオイル5滴くらい。

 

化粧水

精製水  150ml
グリセリン  小さじ1/2 (しっとり効果を高めたければ多めに)
エッセンシャルオイル(効能と香りにあわせて、ネロリ、ラベンダー、ローズマリーなど使い分ける。ネロリ、ローズマリーなどは1滴。ラベンダーは3滴ほど。)

 

化粧水は前田京子さんの本を参考にしています。

 

 

 

手作りコスメもいろいろ試しましたが、
一人で使う分だけ作るのって、
結局コスト高だし、手間もかかる。

それに、
美容に関することは、
簡単じゃないと続けられないズボラなわたし。

 

 

 

だから、わたしが続けられる=すっごく簡単。

 

 

材料は、長持ちするものばかりだし。
他にもいろいろ使える万能の材料ばかり。

 

作ったものはガラスの容器に。

化粧品とか、いろいろあると、ごちゃごちゃするけど、
透明なガラスの容器は見た目もすっきり。

 

 

旅行のときには、
水を除いた化粧水の材料だけ入れた小さなボトルをもっていく。

あとは、旅先でミネラルウォーター入れて、簡単に化粧水作っちゃう。

 

 

これだったら機内持ち込みにでもできる。

(EU圏内で飛行機移動のときは、荷物預け入れは別料金。機内持ち込みで済ませることが多いのです。)

 

 

そんなかんなで朝から3品をちゃちゃっと作り。
ああ、すっきり。きもちいい。

 

 

 


体のケアには、バードハイルブルナー。
我が家の必需品です。

頭痛と頭のリラクセーションのお茶
以前ブログで紹介したら、たくさんのリクエストをいただいています。
ありがとうございます。

ただいま販売準備中です。
準備中ですが、もし、頭痛にお悩みの方、早く試してみたい方は、
どうぞお気軽にお申し付けください。
(ご注文の備考欄にお書きください。)

バードハイルブルナーのお茶のご注文はこちらです。

 

(ドイツ話) 虫除けにいいシトロネラがこんな形で〜

 

実は最近蚊がいまして。

 

最近・・・というのは、日本を出てから16年、蚊に悩まされたことがないのです。

 

 

イギリスにも蚊はいました。
でも少なかったし、いてもめったに刺されなかった。

 

ドイツにきて、去年は気にならなかった。

今年、9月に入ってから蚊がきになる。
一晩にいくつもさされる。

 

寝てると、ぷーーーん・・・と音がする。

 

 

お店で虫除けのものを見ていたら、
ありました!

蚊取り線香。

日本のと同じような。

でも、屋外専用。(涙)

 

 

まあ、機密性の高いドイツの家で使ったら、体に悪いのでしょう・・・。

 

 

 

そして、こんなのも見つけました。

 

 

 

 

シトロネラオイル配合の蚊取り線香。

(なにも蚊のデザインで穴をあけなくても・・・・ 汗)

 

 

虫除けといえば、シトロネラ。
エッセンシャルオイルで作った虫除けスプレーは、
いやな匂いもせず、
肌にもやさしく、効果あり。

 

 

そのシトロネラの蚊取り線香。

 

 

効くのかな。

 

でも、やっぱり屋外用。(苦笑)

 

血の巡りが悪いひとには・・・

 

私は冷え性です。
血の巡りが悪く、冷えるとすぐに足がつります。

この2日ほど、ひどくて。
夜ずっと、・・・絶え間ないくらいの足のツリの連続。

普段から、マグネシウムとって、筋肉を柔らかくしています。
でも、やはり血の巡りの悪さが今回の原因。


ということで、
Bad Heilbrunner のHerz und Kreislauf Tee(心臓と循環器系のお茶)

それに、オーガニックのココナッツオイルを小さじ1入れて。


ココナッツオイルは、スキンケア、ヘアケア等に愛用していますが、
「冷え性」にも効くと最近耳にしたので。

 


最高気温16℃の北ドイツ。
寒さ対策も本格的に準備しなくては。

(ドイツ話) オーガニック ヘナ(ハーブの髪染め)

いつもオーガニックのヘナを愛用しているのですが、
いつもと違うブランドのものを購入してみました。

 

 

オーガニック(BIO)
天然素材100%の髪染め。

材料は、
くるみの殻の粉
ヘナの葉っぱの粉
インディゴの葉っぱの粉
コーヒーの粉
など。

いつも使っているものも気持ちがよくて満足しているのですが、
新たにこれを使ったのは、

このブランドに興味があったため。

SANTE : ドイツのオーガニックコスメブランド。
スキンケア、メイクアップ、ヘアケア用品などあります。

 

 

で、なんでこのブランドに興味があったかというと・・・

地元企業だから。(笑)

 

うちから30分くらい。

会社に買いにいくわけじゃないから関係ないけど、
やはり地元の企業は応援したくなります。

まだ使っていないから使い心地や染め上がりはわからないけど、
箱をあけただけでいい香り〜。

いい色のサラサラヘアになりますように。

(ドイツ話)ウールの下着はやっぱりドイツだ!

シュタイナー教育業界にいると、周りの人たちはナチュラル素材を重視する人が多いです。わたしも、できるだけ化繊ではなくウールやオーガニックコットンのものを選びます。

 

ドイツに来る前12年間住んでいたのはイギリス。

イギリスでは・・・

ウールいっぱいあると思うでしょ。

イギリスには羊がいっぱいいて、あこがれの英国羊毛買いたい放題。

 

 

 

・・・そう思っていたのは、

幻想でした。(涙)

 

 

 

イギリスでとれた羊毛は、ヨーロッパ大陸に輸出され、大陸で加工されます。

 

 

つまり、イギリスでいい毛糸やウール製品を買おうとすると、ドイツなどからの輸入品。

イギリスでとれた羊毛を、
ドイツで加工して、
それをイギリスから輸入する。

そんな構図。

 

 

当然コストもかかるわけで。

欲しいけど、ちょっと我慢・・・。という現実も多々ありました。

 

 

それでも、これは必須!・・・と思って、結構な代金を払ってでも買ったものは・・・

 

赤ちゃん、幼児用の、ウールの下着。

 

しかも、ウール100%ではなくて、ウールとシルクとコットンなどの、天然素材のブレンドなんですね。つまり、着心地はさらによく、使い勝手もいい。

 

赤ちゃんの肌にもやさしくて、汗も爽やかに吸収してくれて、なにより暖かい。

 

 

 

大人のわたしは、節約だと我慢して、バリバリ化繊のヒートテックとか着てるわけですが。(笑)

 

 

で・・・、

 

今はわたし、ドイツ在住ですからね。

ドイツで作られた、ウールの下着とか、タイツとか。

輸入コスト付加されてないお値段で買えちゃう。

 

今年は、家族全員に、ウールの下着を新調しよう。