(ドイツ話)引っ越し〜キッチン騒動

いや、もう、やっぱり納得できない! ドイツの引っ越しにおける「キッチン」のこと。

ドイツの家は、「キッチンがない」家が基本です。キッチンの部屋は、水道管のあるただの部屋。キッチンユニットどころか、シンクも蛇口もありません。

入居者がその家に合わせてキッチンを買う。または、前の家からキッチンをとりはずして持ってきて、新居に据え付ける。

だけど、キッチンなんて、家によって大きさも形も違うから、前の家のキッチンもってきたって合わない。だから、合うように部品を買い足したりして据え付けるのです。

私が先月まで住んでいた家もキッチンなしだったので、イギリスからドイツに引っ越してきて入居してまずキッチンを買いにいき、据え付けました。すったもんだで、キッチンが使えるようになったのは入居3週間後。その間、クッカーだけ接続したので料理はできたけど、洗面所で皿洗いしたりしてね。

あれは本当にしんどかった。

で・・・、今回は引っ越し先にキッチンあり。ほっ。でも、前の家のキッチンも我が家の所有物。新居でキッチン2ついりません。でも、承諾なしにおいてくるわけにもいきません。

幸い次の入居者がきまり、キッチンを買うことも検討したいということだったので、相談しました。

でも、次の入居者も、自分のキッチンを持っている・・・。

新たに据え付けるのは面倒だけど、自分のキッチン持って来れば、キッチン丸ごと買わなくていい。・・・ということで、交渉決裂。キッチン買ってもらえず。(涙)

 

 

だから、キッチン取り外して、新居に持ってきました。ゆくゆくは、地下室などの収納に利用しようと思いますが、とりあえず今はガレージに突っ込みました・・・ 笑

 

で、新しい入居者のキッチンのことをあれこれ想像中。

大きなキッチンから小さなキッチンへお引っ越しということだったので、入れるの大変だろうなあ。大きなユニットのものだと言っていたので・・・どうするんだろうなあ。

キッチンの角に柱があったり、出窓のようにしてキッチンカウンターをつけるようなデザインの部屋なので、カウンタートップも特別サイズを買ってきて凸凹な変な形に切らなきゃいけない。しかも角とか直角にみえるのに直角じゃないから、ピッタリ合うようにカウンターを切るのも至難の技・・・。

そんなかんなで、去年入居したときには、買ってきたものをただ据え付けるだけ・・・というわけにはいかなくて大変だったのでした。

カウンタートップとか部品を買ったりするだけで、うちのキッチンを買い取るくらいの値段しちゃうんだろうなあ。それより、時間と手間かかるし。

次の入居者さんも学校の先生ということ。あああ、夏休み、キッチン据え付け作業で終わっちゃうよ〜。かわいそうに。

そんなことを考え、やはりドイツ流キッチンごと引っ越しのシステムに納得できずにいます。

去年の時点では、「それがドイツ流だから」とドイツを擁護する発言だったドイツ人夫。

今回の引っ越しでは「ドイツのシステム、納得いかん!」とお怒りです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です