(ハーブクッキンング)簡単 ハーブのバターソース〜シュパーゲル、ニョッキ

 

ドイツの春。「シュパーゲル」が旬です。ホワイトアスパラが、店頭に並びます。

私が今住む「ボーンハイム」は、特にシュパーゲルの特産地。「ボーンハイム・シュパーゲル」として商標登録されているほど。

だから、道端でも、スーパーでも、シュパーゲルが山のように売られています。

Asparagus with ham and potato(画像はこちらから)

 

 

 

このシュパーゲルの料理方法もいろいろですが、うちのドイツ人夫が「シュパーゲルにはこれ!」「これ以外は邪道」・・・と言って譲らないのが、ハーブバターソース。これに合うのは、フラットリーフパセリです。

ハーブバターソース(フラットリーフパセリ)

材料:
バター、フレッシュのフラットリーフパセリ片手いっぱい。

作り方:
小鍋にバターを入れて弱火で溶かす。
バターが溶けたところで火をとめる。
刻んだフラットリーフパセリを入れる。

シュパーゲルは、ピーラーで皮をむき、たくさんのお湯で茹でます。お湯に、剥いた皮とお砂糖少々入れるのがコツ。(皮は食べません)

茹でたてシュパーゲルに、ハーブバターソースをたっぷりかけて、ハムやスモークサーモンと一緒にいただきます。

ハーブバターソースのニョッキ(セージ)

そして、昨日は、ハーブバターソースでニョッキ。ニョッキにはセージが合います。

セージは香りも味も強いので、量は少なめ。1kgのニョッキ用に、庭のフレッシュセージの葉っぱを15枚くらい刻んでバターソースを作りました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です