月別アーカイブ: 2017年6月

引越し準備中〜ハーブもお引越し

来週月曜日にはお引越しです。

今ボンの近くにいるのですが、北東へ360kmくらいのヒルデスハイムという街に移転します。

 

今の家は、庭が「ローメンテナンスガーデン」。手入れしなくてもいいように、石畳がしきつめてある、楽なんだけどちょっと(かなり 涙)味気ない庭。わずかな芝生と、垣根、そして、ほんのちょっとのプランターボックスがあるだけ。

プランターボックスに植えていたいくつかのハーブを、植木鉢に植え替えました。引越し先には小さな花壇があります。そこで、ハーブを少し増やしていきます。

 

ハーブが好きな割に、土いじりはあまりできない私。(笑) 小さな花壇でちょっとだけ育てます。

お料理にはフレッシュハーブが必須だというハーブがあります。

バジル、コリアンダー(パクチー)、セージ、タイム、ローズマリー、チャイブ、ディル・・・など。フレッシュハーブもスーパーの野菜売り場で売っているのだけど、やはり、お庭にあるといいですよね。

バードハイルブルナーの薬用ハーブティ

 

(ハーブクッキンング)簡単 ハーブのバターソース〜シュパーゲル、ニョッキ

 

ドイツの春。「シュパーゲル」が旬です。ホワイトアスパラが、店頭に並びます。

私が今住む「ボーンハイム」は、特にシュパーゲルの特産地。「ボーンハイム・シュパーゲル」として商標登録されているほど。

だから、道端でも、スーパーでも、シュパーゲルが山のように売られています。

Asparagus with ham and potato(画像はこちらから)

 

 

 

このシュパーゲルの料理方法もいろいろですが、うちのドイツ人夫が「シュパーゲルにはこれ!」「これ以外は邪道」・・・と言って譲らないのが、ハーブバターソース。これに合うのは、フラットリーフパセリです。

ハーブバターソース(フラットリーフパセリ)

材料:
バター、フレッシュのフラットリーフパセリ片手いっぱい。

作り方:
小鍋にバターを入れて弱火で溶かす。
バターが溶けたところで火をとめる。
刻んだフラットリーフパセリを入れる。

シュパーゲルは、ピーラーで皮をむき、たくさんのお湯で茹でます。お湯に、剥いた皮とお砂糖少々入れるのがコツ。(皮は食べません)

茹でたてシュパーゲルに、ハーブバターソースをたっぷりかけて、ハムやスモークサーモンと一緒にいただきます。

ハーブバターソースのニョッキ(セージ)

そして、昨日は、ハーブバターソースでニョッキ。ニョッキにはセージが合います。

セージは香りも味も強いので、量は少なめ。1kgのニョッキ用に、庭のフレッシュセージの葉っぱを15枚くらい刻んでバターソースを作りました。

 

(ドイツ話)ドイツのヒッツェフライ・・・って

ここ数日、ドイツは暑い日が続いています。連日、最高気温30℃越え。

ドイツには「ヒッツェフライ」という風習? きまり? 慣習? があります。

最高気温が30℃超えるような、暑い日には、学校が午前11:30で終わって下校するというもの。地方自治体の教育委員会が判断をして、「ヒッツェフライ令」を出し、地域の学校全部が早く終わるのです。

おかげで、ここのところ連日、息子たちはランチタイムには帰宅。(笑)

私は日本育ち。しかも、ご存知でしょうか。日本で一番過ごしにくい夏!・・・と言われる名古屋出身です。気温が高いだけでなくて湿度も高い。日本の中でも特に。

クーラーもない県立高校でしたから、(中学校は冷暖房完備だったけど)、特に梅雨が終わった後は地獄でした。

しかもセーラー服でね。生地も暑くて襟部分も暑く、化学繊維の下着を身につけて。左手に下敷き。パタパタしながら、暑さで頭朦朧として、思考能力なし。そんな状況で、「精神力の訓練だ!」「ダラダラしない!」とか言われながら。

地獄でした。過酷でした。(学校は楽しかったけど 笑)

でも、自分が教師になって、教壇に立つようになって、生徒はまだまし・・・と、知りました。だって、生徒は座ってるし、ダラっとしていたっていいし。大きな声はりあげて、ダラダラしてる生徒を指導しなくていいし。教師は、自分だって暑さで思考能力低下しているのに、きちんとしてなきゃ!・・・って頑張るし。

少なくとも昔の私はそう思って、貧血で倒れそうになりながら暑いなか教えてました。

今の私だったら、随分違う対応すると思います。暑いなかダラダラしちゃうのは当然だから、いつもとちがうアクティビティしよう!・・・とか工夫すると思います。

そんな日本で育った私から見れば、ドイツのヒッツェフライって、たかだか30℃で授業なし!?・・・って、びっくりなのですけど。

でもね、

日本のほうが、おかしくないですか?

暑くてどうしようもないときに、制服着て、汗ながしながら机に向かうって。

暑くてどうしようもないときに、校庭で集会して、貧血で倒れる人続出したり・・・とか、よくある光景でしたし。

おかしい。
(今は違うのかなあ?)

暑さでだらっとしてしまうのは、人間として自然なこと。怠けてるわけじゃなくて、人間が自分を守る本能の一部。

そんな暑いときに、無理して勉強するより、暑さをしのげるアクティビティをしたり、休憩をする。

涼しくなったときにまた頑張ればいいのです。

そのほうが効率もいい。

体にもいい。

環境にもいい。

ドイツ人は、「働くときにはガンガン働く。遊ぶときには思いっきり遊ぶ。」という人たちです。メリハリがあります。そのメリハリって、人間として大事なこと。自然なこと。

そんなメリハリと、ヒッツェフライのような習慣が根付いている国ドイツ。だからこんなにパワーがあるのだ・・・と思うのです。

 

aus D から特別プレゼント〜aus Dで取り扱いのないお茶を試すチャンスです! 期間中ご注文の方みなさんに3つのティーバッグをプレゼントします。

Kopf- Entspannungs Tee (頭のリラクセーションのお茶)

まだaus D では販売をしていないKopf- Entspannungs Tee (頭のリラクセーションのお茶)。実は私も気に入って愛用しているものです。そして、aus Dでの販売を検討しているところです。

私は子どもの頃から頭痛持ちなんです。だから鎮痛剤は手放せず、お守りのようにいつも常備していました。

頭痛のときにこれを飲むと楽になります。すっと頭を柔らかく、和らげてくれるような感覚。鎮痛剤で痛みを押さえつける感じではなく、頭痛がすっと根元から楽になるような感覚です。

ドイツ人の70〜80%が頭痛に苦しんでいて、5%くらいが毎日頭痛に苦しんでいるとのこと。その頭痛の苦しみを解消するために作られたのがこのKopf- Entspannungs Tee (頭のリラクセーションのお茶)。

それからこのお茶は天候に敏感な人にもよく効きます。私も、気圧や天気の変化で頭痛になることが多いですが、低気圧になると頭痛がする、太陽の光や暑さで頭痛がする・・・という人は多いのではないでしょうか。

偏頭痛などひどい頭痛がこれですっと治るか・・・といったら無理なのでしょうけど、軽い頭痛をお茶で対処できたら、それだけで、鎮痛剤の回数が減らせて体に優しいですよね。

私は、ホメオパシーのレメディで頭痛の対処することが多かったですが、レメディのかわりにハーブティを飲むことが増えました。ハーブティってホメオパシーよりも気軽に飲めて、お茶を飲む行為そのものがリラクセーションにつながりますね。


 

Bad Heilbrunner Kopf- Entspannungs Tee 成分

ペパーミント、グリーンティ、レモンバーム(メリッサ)、甘草、スイートコーン、柳の皮、ガラナ、コーラナッツ


6月15日〜6月25日にご注文の方に、サンプルを差し上げます。aus D では取り扱っていないお茶ばかり3種類集めた特別のセットです。

サンプルは、セージティ(Salbei 消化不良などに)1袋、フィガーフィットティ(Figure fit Teeダイエットのカロリーコントロール)1袋、Kopf- Entspannungs Tee (頭のリラクセーション)1袋の合計3袋です。

どうぞ、新しいお茶を試してみるチャンスをお見逃しなくご注文くださいね。

aus D から特別プレゼント〜aus Dで取り扱いのないお茶を試すチャンスです! 期間中ご注文の方みなさんに3つのティーバッグをプレゼントします。

バードハイルブルナーのセージティ

バードハイルブルナーのお茶は実は30種類以上あります。得意分野は、睡眠、精神安定、胃腸、風邪、喉、咳、心臓、循環器系など。症状に合わせたブレンドティが主流ですが、単独のハーブのお茶もあります。

今回「セージティ」を試してみました。わたしにとって、セージは、お料理に使うなくてはならないハーブ。浄化や抗菌の効果でセージの葉を炊いたりもします。でも、ブレンドではない、セージ単品でのお茶を飲むのは実ははじめてでした。

 

飲んだ瞬間。

げっ。

まずい。

いや、セージそのもののお味なんです。あの強いお味。

好きな人はクセになる程好きなのではないかと思うお味。

セージは肉料理などによく合います。お肉にいい味を添えてくれるのでお肉のグリルや、ソーセージ。そして、ハンバーグなどにも刻んで入れると大人のハンバーグ味。わたしはセージのお味が大好きなんです・・・けどね。笑

普段、蜂蜜などで味を整えたりせずにそのままのハーブティを飲むわたしですが、このセージティは蜂蜜を入れていただきました。

 

セージは強い抗菌・抗ウイルス作用を持ったハーブです。その優れた抗菌作用から、セージティーでうがいをすると風邪や感染症の予防になり、歯肉炎や口内炎などの症状を和らげます。

のどの痛みや腫れがあるときにも効果的で、抗菌力を活かして水虫などのケアにも利用できます。

また、セージには五感を活性化させる効能があり、セージのハーブティーを飲むと血液循環が促され、強壮効果があるともいわれています。過労で疲れ気味の人によいでしょう。

「ハーブの力」より引用

 

バードハイルブルナーSalbei Tee セージティには効能として次のように書かれています。

効能:胃腸管に軽度の痙攣を伴う消化不良、鼓脹、鼓腸; 汗の増加、口腔および喉の粘膜の炎症

こんなに「まずいっ」と言ったら、きっと、「どんなにまずいの?」「ためしてみたい」と思う好奇心旺盛な方もたくさんいると思います。6月15日〜6月25日にご注文の方に、サンプルを差し上げます。aus D では取り扱っていないお茶ばかり3種類集めたセットです。

サンプルは、セージティ(Salbei 消化不良などに)1袋、フィガーフィットティ(Figure fit Teeダイエットのカロリーコントロール)1袋、Kopf- Entspannungs Tee (頭のリラクセーション)1袋の合計3袋です。

どうぞ、新しいお茶を試してみるチャンスをお見逃しなくご注文くださいね。

 

aus D から特別プレゼント〜aus Dで取り扱いのないお茶を試すチャンスです! 期間中ご注文の方みなさんに3つのティーバッグをプレゼントします。

(ドイツ話)学校の夏休み

個人的なことですが、今年の夏(来月!)引越しをすることになりました。現在地から300kmほど北東に移動します。今がドイツ中西部。引っ越し先はドイツ北部のほうになります。

 

引っ越し先の街 ヒルデスハイム

ドイツでは、学校の夏休みが、地域ごとに少しずつ変えてあります。ドイツ人全員が一度にホリデーで遊びに行ってしまうと大変なので、全国的に調節して、少しずつずらしてあるのです。

今の地域の学校は7月14日に夏休みに入ります。夏休みは日本と同じ6週間くらいあります。

最初、引っ越し先の候補地は、南ドイツでした。その場合、新学期始まりが9月中旬。「7月中旬から9月中旬までの長〜い夏休みだ!!!」・・・と子どもたち大喜び!!!

ところが、結局、引っ越し先が北にきまりました。

そうしたら、引越し先の学校は、8月3日に新学期スタート。

ってことは、そこに転校すると、7月中旬から始まる夏休みが、8月早々に終わってしまう! つまり・・・・、うちの子どもたちは、夏休みが2週間しかない!!!・・・ということに。(汗) それを子供達に告げた時の子どもたちの反応、みなさんも想像できるのではないでしょうか。

夏休みは休むもの。子どもの教育上も、休みはきっちり休むのが大事!・・・というのがドイツでの考え方です。(大賛成です)

なので、子どもたちは今の学校を早めにやめさせてもらうことを学校に相談したら、学校も快く許してくれました。ほっ。

ほっとしている間もなく、引っ越し準備がはじまりますーー。

ストレスたまったら、アンチストレスティー。気持ちが楽になり、リラックスできて、よく効きます。

(ドイツ話)ドイツの住宅事情

また引っ越しをすることになりました。去年イギリスからドイツへ引っ越してきた時、もう当分引っ越しはするまい!・・・と思ったのに。笑

ドイツの住宅は、「キッチンのない家」が主流です。キッチン用の部屋には、水道管があるだけ。蛇口さえも据え付けていないのです。シンクも、キッチンキャビネットも何にもなし。

ええーーー!?って感じでしょ。

だから、去年イギリスから引っ越してきたときには、キッチンを買ってきて、据え付けるところからスタートしなきゃいけなかった。

あの面倒くささ、大変さをもう一度繰り返すのか・・・。そう思うだけで憂鬱。

だから、今回は、どうしても「キッチン付きの家」を見つけたかったのです。

でも、物件数は少ないし、場所も家のサイズも、条件にあうところは、本当にわずかしかなくて。

もう、引っ越しは嫌だから、当分住める家を見つけたい。でも、選択肢はほとんどない。

選択肢があっても、入居者を決めるのは大家さんですから、他にいい候補者がいればそちらに決めてしまうわけです。

で、イギリスもそうなんですが・・・

「子ども不可の賃貸物件」が多いんですよね。

イギリスは、募集の要項にすでに記載されています。子ども不可、ペット不可、喫煙者不可・・・みたいに。でも、ドイツの要項には明記されていない。

アプライしてみたけど、子どもいる家族は嫌だって却下されることも多いというわけです。

学校から徒歩10分の距離にみつけた家。町を見下ろす丘の上。家の裏は森。部屋数も十分にあり、そこそこの広さがある。キッチンもある!!!!!(感涙)

1ヶ月後に入居できなければ、子どもたちは新学期からの編入を諦めなければいけない状況で、ちょっと家が気に入らなくても入居させてもらえるなら御の字!・・・と思い願書を出しました。

家のエージェントが家を見せてくれて。

他にも候補者はあったけど、うちが一番いいと思ったとのこと。私たちも家を気に入り、エージェントも私たちを気に入ってくれました。即入居決定。

彼が言うのです。

子ども不可の物件が多いけど、子どもがいる家族に住んで欲しいんだ・・・と。子どもは社会の未来だから!・・・って。

そしてうちの息子達をみて、嬉しそうに「いい子達だね」って目を細めていました。

うちの子供達はね、キッチンに食器洗浄機を見つけてガッツポーズ。晩御飯の後の後片付けは子どもたちの役割なのです。笑  そして、それを見て嬉しそうに微笑んでいるエージェントのおじさま。

うれしいなあ。

バードハイルブルナー無料サンプル進呈
バードハイルブルナー無料サンプル進呈

aus D ニューズレター

ドイツから、ハーブやナチュラルライフの情報をお届けします。

Subscribe to our mailing list

* indicates required