ドイツのハーブティ事情

私は2017年夏に、12年すんだイギリスを離れてドイツにやってきました。イギリスでもドイツでも、ハーブは一般的に利用します。ハーブティも多いし、料理やヘルスケアにも使います。

でも、ドイツにきて、ハーブティの多さに驚きました。

イギリスもたくさんありました。日本では「紅茶」のイメージしかないトワイニングだって、たくさんハーブティやフルーツティ出してますし。

 

それでも、ドイツのハーブティの種類は半端なく多い。

 

普通のチェーンのスーパーに、どどーんと並んだハーブティの棚があります。紅茶やコーヒーなどはこの棚には一つもありません。全部、ハーブティです。

Yogi Tea など、メジャーなブランドもありますし、ちょっと高級なルースのハーブティもあり。スーパーの独自ブランドのものもあります。その多くがティーバッグです。

ティーバッグが多いというのは、多くの人がお手軽に日常に使っているからですよね。仕事をしているときにも、ティーバッグでお茶を入れる。1日になんども入れる。そんな、緑茶や紅茶やコーヒー並に手軽に飲めるハーブティが、こんなにたくさん。

紅茶やコーヒーの同レベルに定着した飲み物ということですね。

バードハイルブルナー無料サンプル進呈
バードハイルブルナー無料サンプル進呈

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です